006.png

人生を楽しむための記録と学び

HOME > ジャスパーに到着

ジャスパー到着

プリンスジョージを朝の9時に出発し途中に工事渋滞に引っ掛かりかなり少し遅くなりましたが何とか無事に到着。

ジャスパーに向かうまでに、小規模な街を二か所通り、ガソリン給油休憩をしながらの快適なドライブでしたが、少し標高が高くなりロッキー山脈が見渡せるところまで来ると、何度か工事渋滞に捕まりました。

日本だと3月くらいに工事が多いですが、カナダは夏に道路工事が多いようです。その理由は、冬になると道が雪に埋もれ凍ってしまう為、アスファルトにひびが入って道路に穴が開く為、夏に補修をするとのことです。

実際、運転していると何か所か大きな穴が開いている場所が何か所かあり、大きいトラックがアスファルトや工事車両を運んでいました。ジャスパー国立公園は有名なカナディアンロッキーの中にある都市の為、普段なら嫌な工事渋滞ですが、ちょうどロッキー山脈が見渡せる場所だった為、結果として、約6時間かけてジャスパー国立公園に到着することになりましたが、綺麗な写真を撮ることができ渋滞も車で行く旅の醍醐味だなと思いました。
ロッキー山脈.JPG.jpg

マリーン渓谷

ジャスパー国立公園に到着し、宿泊先であるBTBに荷物を預け、ジャスパー中心地から一番近いマリーン渓谷に行く事にしました。

本来はマリーンレイクに行くはずだったのですが、BTBのオーナーに到着した日が雨なので行くならば次の日が良いと教えてもらった為です。BTBとは日本でいう素泊まりの民宿のようなもので宿泊のBedと朝食のBreakfastの頭文字からBTBと言われています。

マリーン渓谷に到着すると雨で岩が滑って少し危ない箇所もありましたが、カナディアンロッキーで最も長い渓谷といわれている名の通り、ロッキー山脈に連なるコロラド氷原から流れ出てきている水によって少しずつ浸食されてできた地形とのことで、休憩の途中で見た川の流れとは全く違い、轟音を立てて流れ続けていました。

渓谷の一番下を流れている川まで、10階建てのビルが入ってしまうような深さがあり、覗き込むと吸い込まれそうでかなり怖い場所からの見学でしたが、カナダの自然を満喫することができました。
マリーン渓谷1.JPG.jpg

マリーン渓谷2.JPG.jpgマリーン渓谷